肝臓病検査

肝臓の病気には、急性肝炎や慢性肝炎、脂肪肝、肝硬変などがあり肝臓病の検査では様々な指標でこれらのリスクを探ります。

ALTは、AST肝細胞変性・壊死の指標で以前はそれぞれGPT、GOTと呼ばれ肝機能検査では必ず調べる項目です。

肝細胞の変性・壊死により、細胞質内にあった酵素が細胞外へ漏れ出し、末梢血に流出を調べます。

肝細胞以外の細胞、特に心筋細胞にも豊富に含まれていま。

LDHは、肝細胞障害によって血中に流出してくる逸脱酵素を調べます。

肝細胞の合成、排出機能の指標は、コリンエステラーゼ(ChE)で血中のコリン化合物を分解する酵素で、肝細胞で合成分泌しています。

神経終末から放出されるアセチルコリンを分解するコリンエステラーゼとは別の働きをする酵素ですが、検査では肝細胞の蛋白合成分泌能の指標として用いられています。

病変のある臓器から組織を一部取り出し、顕微鏡で観察する検査をバイオプシーという生検があり、細胞診とも呼ばれます。

その他、肝炎に対して進行の度合いや病気のタイプを判別するために行われ臓器組織の一部を針やメスで採取する(胃カメラや気管支鏡などの検査を行います。

超音波検査もけんさに用いられますが、単純超音波像では肝臓の大きさ、肝表面の状態、肝実質の状態、脂肪の程度、血管の状態がわかります。

肝弾性度測定という検査も有り、肝臓の線維化を知るために肝臓に低周波・低出力(50Hz)の剪断波(Shear wave)を送り、その振動が肝臓内を伝搬する際に生じる肝組織のひずみを超音波でマッピングします。