がん検査

PET検査

PET検査とは、検査薬を人体に投与し、全身の細胞のうち、がん細胞に目印をつけ、がんを発見します。

がんは、ある程度の大きさになったり、体に変化が起きてから見つかることが多いですが、この検査は、従来の検査にくらべて、早期発見が期待できるのが特徴です。

CT検査

CTとは、Computed Tomographyの略でX線を照射して臓器の形態的な異常を見つける検査です。

通過した放射線量の差をデータとして集め、コンピューターで処理し身体の内部を画像化します。

エックス線は、空気のあるところは通過しやすく、骨は通過しにくいという性質があるため、人体を輪切りにした画像を撮影でき、立体的に体内の形を把握して、異常を発見することができます。

薄く広がっているタイプのがんや、悪性度の低い高分化がんの発見にも適しています。

MRI検査

MRI検査とは、強い磁石と電波の反射派を利用して体内の状態を体内が持つ弱い磁気を、強力な磁場でゆさぶり、原子の状態を画像にし映像化します。

体内の様々な病巣を発見することができ脳や卵巣、前立腺等の下腹部、脊椎、四肢などの検査で使われます。

姿勢を変えることなく、体のいろいろな部分を縦、横、斜めなどあらゆる角度の断面像を得ることができ、がんの位置を把握するのに有効ですが、強い磁気が体に当たるため、体内に金属の器具がある方は検査できません。

超音波検査

超音波検査のことをエコーと言いますが、このエコーを体に当てて、反射波を画像化することによって診断します。

放射線とは違い人体に無害なので、乳房、甲状腺、腹部、骨盤部などで使用される一方で、超音波は骨や空気を通りにくいので、脳や肺、胃、腸などの検査では使用できません。

腫瘍マーカー検査

体内に腫瘍ができると、特有のタンパク質が産生されますが、この物質を腫瘍マーカーといいます。

腫瘍マーカーは、がんの発生部位により産生されるタンパク質が異なるため、この物質が基準以上に出たことで特定をする検査方法です。

内視鏡検査

内臓や体腔内部に小型カメラ状の機器を直接入れて観察する検査で、調べる部位によって様々な方法で検査がなされます。

がんの検査に関しては国立がん研究センターに問い合わせをすると良いでしょう。